ココマイスターのコードバンとブライドル

ココマイスターならブライドルの財布だけれども、コードバンの財布ならココマイスターだよね。

・・・といった様に、ココマイスターのコードバンとブライドルの財布、どちらを買おうかと思案している方向けに、参考サイトを作りました。

実際に購入した人はどう思ったのか?

ココマイスターのブライドルの購入者とコードバンの購入者、それぞれの購入者の声から検証してみました。

ココマイスターのコードバンとブライドルの財布、どれが自分に合っているか? このサイトできっと分かって来ると思いますヨ。

ココマイスター コードバンとブライドルの財布どちらを買う?

 

ココマイスター コードバンとブライドルの財布で迷う理由

コードバンラウンド長財布
コードバンラウンド長財布



 

ココマイスターのブライドルの価値が高い

コードバンはレザーの宝石と言われている程、高級な皮革として有名です。一方、ブライドルレザーはコードバンと比べるとあまり知られていないです。

それ故、本来ならば、コードバンとブライドルでは、コードバンが選ばれる筈でしょう。しかし、ココマイスターのブライドルの場合、話が変わりますね。

ココマイスターのブライドルレザーの財布は、レザーの宝石、コードバンに負けず劣らぬ程の高級感があります。ココマイスターで最も人気のあるのがブライドルの財布です。

私も一番人気のブライドルグランドウォレットを持っていますが、だんだんと味が出て来てとても良い感じになって来ています。使うほどに楽しませてくれる財布です。

ブライドルグランドウォレット
ブライドルグランドウォレット


詳細ページ

ココマイスターの場合、ブライドルの財布が上出来なので、コードバンとブライドル、どちらにしようか? と迷うことになると私は考えています。




 

買って間違いのないココマイスターのコードバンの財布

コードバンは有名だけに、まがい物も売られています。
コードバンはレザーの宝石と言われるだけあって高価なものです。ところが、安いコードバンの財布がネット上には沢山見受けられます。

コードバンの財布は2つに分けられると私は考えています。一つは品質よりも価格で売ろうとしている財布です。その中にはとてもコードバンとは思えない代物まであります。

購入者の声を見ると失望する人は少なくないです。

 

もう一方は、買った値段以上の価値が感じられるコードバンです。

勿論、ココマイスターのコードバンはこの高級な財布に分類されます。購入者の中で、ココマイスターのコードバンの色合いを絶賛する人が多いです。

実際、私も初めてコードバン長財布を見た時は、高貴な黒に思わず息を飲みました。

普通の黒色とは違いました。でも、黒は黒ですから、どうしてこの様な特別感があるのか見入ったものです。

そして気付きました。

黒の中に煌めきが広がるコードバン長財布

コードバン長財布

黒色の中にほんの小さな煌めきが存在するのを見つけたのです。一度気づくと、黒の表面一面に煌めきの粒子が広がっているのが分かりました。

コードバン長財布の秘密は煌めき粒子にあります。

 
粗悪品が多く出回っているコードバンの事情の中では、ココマイスターは買って間違いのないコードバンと言えると思います。



 

憧れのシカゴのシェルコードバン

シェルコードバンはまだ、日本では馴染みがないかもしれませんが、他のコードバンとは一線を画したレザーです。

シェルコードバンで作られたワインレッドの革靴は憧れです。磨き上げられて輝いている様は、うっとりする位、綺麗です。一度見たことがある人ならば、その価値を感じると思います。


 シェルコードバンスタンフォード 公式ページへ

 

シカゴのHarween社が作ったコードバンをシェルコードバンと言うので、プレミアがついたコードバンといった所でしょうか。

ココマイスターでも、Harween社のシェルコードバンが現れました。コードバンというと黒といったイメージがありますが、シェルコードバンの場合は、ボルドーワインの方がメインになると私は感じています。

レザー愛好家ならば、一度は手にしてみたい財布です。


 

色合いで選ぶならマイスターコードバン

納得できる財布を選ぶならば、マイスターコードバンは避けて通れないでしょう。

色合いの美しさという意味では群を抜いていると思います。
私なんかは傷をつけてしまわないかとかえって気がかりになってしまいそうです。

水染という日本古来の手法で染められているからか、私たち日本人の美意識に合っている感じがします。

ブラックとボルドーワインの両方の色共に綺麗です。



 

人気ナンバーワンの財布 ロンドンブライドル

ココマイスターで人気ナンバーワンの財布はコードバンかブライドルの財布のいずれかだろう

・・・私は、そう思っていました。

私が得た情報では、やはりその通りでした。
現在の人気ナンバーワンのシリーズはロンドンブライドルとの事です。

私が初めて見た時、ロンドンブライドルのインパクトは強かったです。
ロンドンにある Royal Albert Hall の印象を元にデザインしたというだけあって、ドレッシーな財布です。

外装が堅牢なブライドル、内装が柔らかいマットーネ
この組合せはRoyal Albert Hallでオペラを鑑賞している正装した男女を思い浮かべます。


この対照的なレザーがロンドンブライドルの魅力です。
今やココマイスターの中でもナンバーワンの人気になっていると聞きました。

私も実際に手に取ってみた時、本当に欲しくなりました。人気ナンバーワンもうなずけます。

ロンドンブライドルシリーズ一覧

 

人気ナンバーワンの財布の人気ナンバーワンの色は?

ココマイスターでは財布のカラーバリエーションが豊富です。

だから、最も人気がある財布はどれだろうか?
色までつきつめなければ、本当の人気ナンバーワンが分らないでしょう。

さて、ロンドンブライドルの人気ナンバーワンの色はどれなのでしょうか?

 

格好いいステージブラック

ロンドンブライドルシリーズの登場により、私はブライドルレザーの楽しみが倍増した感じがしています。

例えば、ブライドルレザーの財布で最も格好いいと私が感じる長財布、ジョージブライドルバイアリーウォレットのブラック

外装も内装も黒のブライドルです。スリムな上にフォーマルでキリリとしています。

ジョージブライドルバイアリーウォレット


ロンドンブライドルのカラーバリエーションの中で内装がブラックなのは3つもあるのです。
つまりブラックがロンドンブライドルの基調のカラーと言えると思います。

ロンドンブライドルスプレッドイーグルのステージブラックは上のジョージブライドルバイアリーウォレットに似ています。

内装がマットーネで柔らかい分、ロンドンブライドルはお金やカードの出し入れがし易いです。
実用的だと思います。

だから、私はステージブラックがロンドンブライドルの中で一番人気の色だと思ったのでした。
 

私が好きなアルバートレッド

私の好みでは、アルバートレッドが一番です。
同じ内装がブラックでも、外装が赤い、アルバートレッドは、コントラストが楽しめます。

ブライドルレザーの赤も下の様に大人っぽい色です。

ロンドンブライドルスプレッドイーグル

財布を開くとマットーネの光沢を帯びたブラック、一瞬、コントラストに驚きます。
縫製も綺麗で目立ちます。
私は内側も外側も細部に至るまでくまなく見まわしました。

本当に惚れ惚れする程、おしゃれな色です。

ジョージブライドルバイアリーウォレットのブラックとは違った雰囲気ですが、同じくフォーマルなシーンで映えるでしょうね。

ロンドンブライドルスプレッドイーグル
ロンドンブライドルスプレッドイーグル



内装のマットーネが柔らかくしっとりしたレザーなので、色以外にも素材のコントラストも楽しめる感じがしています。

ロンドンブライドルスプレッドイーグルのカラーバリエーションは6種類あります。




ロンドンブライドルスプレッドイーグル


 

本当の人気ナンバーワンの色

ココマイスターでは、実際に購入された人のレビューが公開されています。

そのレビューを見て行くと、本当の人気ナンバーワンの色が分かります。

・・・と言うのも飛びぬけて人気が集まっているので分かり易いです。

 

ロンドンブライドルの人気ナンバーワンの色はブルースネイビー

外装は濃い紺色、内装は明るいブラウンのコントラストが好評価です。

私が予想したドレッシーで格好いいステージブラックより、
私の好きなアルバートレッドより、
濃紺とブラウンの組み合わせに人気が集中しています。


ロンドンブライドルグラディアトゥールは、以下の6種類のカラーバリエーションがあります。

売れ筋だけにココマイスターが最も生産にも注力している財布だと思います。




ロンドンブライドルグラディアトゥール


 

プレゼントに人気のココマイスター財布と言えば

ココマイスターの購入者の声を見て行くと、プレゼントに購入される方が多いです。
その中でもプレゼント向け財布としては定番と言える程、人気の財布が2つあります。どちらもブライドルレザーの財布です。

実用性と見た目の良さからしてプレゼントし易いからだと思います。
誰かへのプレゼントをお考えなら下記のブライドルレザーの財布はお薦めです。

 

ブライドルグランドウォレット

ココマイスターで最も人気のあると言って過言ではないのが、ブライドルグランドウォレット

ブライドルの硬さが財布のフォルムをしっかりしたものにしています。シンプルだけれども高級感があります。


ブライドルグランドウォレット

そして、見た目も良い上に手触りが好評です。
ラウンドファスナー長財布の場合、手に持つ機会が多いです。その都度、しっとりした手触りを感じる事ができると、購入者の声に見受けられます。



 

私のブライドルグランドウォレットは、今では下の様に経年変化しています。表面がさらにしっとりした感じになって来ました。指で触るとピタッと吸い付く感じです。

経年変化が楽しめるブライドルグランドウォレット

ブライドルレザーの嬉しい所は、クリームを塗るメンテナンスが出来る所です。クリームを塗ると光沢を増し、艶っぽくなる気がします。

メンテナンスが楽しいです。

ブライドルグランドウォレットは長く愛用する楽しみがある財布だと思います。


 

ブライドルインペリアルウォレット

トラディショナルな雰囲気と重厚感、実際に購入した人が魅力を感じたのはこの2点を併せ持つところの様です。



ココマイスターのかぶせタイプの長財布には機能的に優れた他の財布もある中、ブライドルインペリアルウォレットに人気が集中しています。

理屈ではない感性的な何かがこの財布にはあるのでしょう。それは ・・・


 

自分に合うココマイスター コードバンとブライドルの財布の選び方

実際に購入した人の声では、ともに高級感が賞賛されています。堅牢性、上質、高級感の3つの共通点を持つコードバンとブライドル、さてどの財布を選んだらいいのか?

その選び方をご紹介します。

コードバン長財布



 

レザー以外の違いで選ぶ

コードバンとブライドルの皮革の違いではなく、他の視点から自分に合った財布を探してみてはどうでしょうか?

 

色で選ぶラウンドファスナー長財布

コードバンとブライドルの財布は色でかぶっているのは、黒だけです。
黒以外の色を選ぶならば、まずはレザーを意識しないで検討してみても良いかもしれません。

例えば、ラウンファスナー長財布の場合、下記の5色から選んでみてはどうでしょうか?
購入者の声によると、人気の色は、モスグリーンとダークネイビーです。




ブライドルシリーズにロンドンキャメルとスイスレッドが追加されました。これで7色から選ぶことができます。

私個人的には、このスイスレッド、欲しいです。
一見、艶やかな紅色なのですが、よく見ている内にストイックな雰囲気も感じられます。

かなり目立ちますが、チャラチャラした感じは全然なく、大人っぽいです。

スイスレッド



 

小銭入の有無で選ぶ2つ折り財布

持ち歩き易さから二つ折り財布を好む人が多いです。ズボンのポケットにも入れ易いので男性が好む財布です。

実際に購入した人の声を見ると、ココマイスターの2つ折り財布は男性へのプレゼントにとても人気があるのが分かります。

下のコードバンとブライドルレザーの2つ折り財布は、ともにコンパクトなサイズです。手の中にすっぽりと収まり、扱い易いです。

カードポケットが6つ、札入れは2つあります。


 

そしてさらに、小銭入れを無くしてコンパクト性を追及したのが、ブライドルブレンデルパースです。

厚さが1.5cmと薄いです。2つ折り財布が薄いと使い勝手が数段、良くなります。



カードポケットが10個あり、小銭をあまり使わない人向けの財布です。電子マネーが普及し小銭を使わない人が増えて来ているので、新しく作られた2つ折り財布です。


 

小銭入の有無で選ぶかぶせタイプの長財布

100万円、一万円札を100枚収納できる財布を探している人にとって、コードバン長財布とブライドルインペリアルウォレットのどちらにしようかと迷うのではないでしょうか?

この2つの財布には大きな違いがあります。それは小銭入れです。コードバン長財布には小銭入れがついていません。だから、スッキリして形をしています。


コードバン長財布

硬い革であるコードバン、小銭入れがあっても開き難いです。実際に小銭入れがあるコードバン薄型長財布の購入者の声に、”小銭入れは少々開けづらい”といった表現が見受けられます。

敢えて小銭入れを省いて、大量のお札を入れられる様にしたのがコードバン長財布です。



一方、ブライドルインペリアルウォレットには小銭入れが付いています。実際の購入者の声を見ると小銭の入れ易さではあまり評判は良くありません。但し、落としては困る鍵やカードなどをファスナーを閉めて持ち歩けるので、小銭以外でも重宝するでしょう。




ブライドルインペリアルウォレット

他に小銭入れがついていない財布がある中で、ブライドルインペリアルウォレットはココマイスターの中では最も人気があるかぶせタイプの長財布です。

ファスナーの収納スペースを必要に考える人が多いのではないかと私は感じています。


 

ブライドルインペリアルウォレットが人気があるからなのでしょう、コードバンで同じ様にファスナーの収納スペースがついた長財布が登場しました。

コードバン通しマチ長財布です。重厚な財布です。



希少価値で選ぶ

ココマイスターのコードバンとブライドルの財布の中で、私は最も希少価値を感じるのがコードバン薄型長財布です。

先述の通り、コードバンの財布は品質よりも価格重視の製品も多く出回っています。

参照) 買って間違いのないココマイスターのコードバンの財布

上質なコードバンの財布にはいくつか特徴があります。

ココマイスターのコードバン薄型長財布は、高貴な色合い、スーツの内ポケットに入れ易い薄さ等、上質なコードバン財布の特徴を備えています。


珍しいのは、小銭入れがあるところです。上質なコードバン財布には、なぜかしら小銭入れがあるものが少ないです。この希少性でコードバン薄型長財布を選ぶのも価値ある選択だと私は思います。


 

夫婦ペアの財布を選ぶ

購入者の声を見るとココマイスターのメンズ財布は女性も利用しています。ココマイスターはユニセックスとして宣伝しているわけではありません。男性用のプレゼントと購入した際、自分用にも欲しくなりペアで購入するケースが多い様です。

特に夫婦ペアで人気があるのは、コードバンラウンド長財布です。
コードバンシリーズはカラーバリエーションはちょうど2色です。あれこで迷わずペアの色が決まるというのも良いのかもしれません。

黒鹿毛と鹿毛、上品な色合いです。
確かに熟年の夫婦がペアで持つのにココマイスターのコードバンはとても合いますね。

夫婦の記念日に揃いのコードバンの財布を購入するというのは素敵です。



 

レザーの違いで選ぶ

コードバンとブライドルの違いは見比べて見ると良く分かります。但し、ココマイスターのブライドルの場合、買った当初はロウが吹き付けられており、本来の表面が下に隠されてしまっています。

ココマイスターの公式サイトに掲載されている写真でも、このプルームが取れた状態が公開されていません。それ故、コードバンとブライドルの違いが分かり難くなっているのだと思います。

宝石の粒子が輝くコードバン

私はココマイスターのコードバンを始め見た時、黒鹿毛の高貴さに息をのみました。
他にはない黒です。表面の細かい粒子が輝いています。使用していくとこの粒子の輝きが増してくるのがコードバンの経年変化です。

レザーの宝石と呼ばれるのはこの粒子が宝石の様に輝いているからかもしれないと私は勝手に推測しています。


光を反射するブライドル

一方、ブライドルの財布の魅力は光沢です。表面のロウが取られると光を反射するレザーが表れます。

おそらく他の本革財布ではこの光の反射を見る事はできないでしょう。まるで雨上がりの路面が空を映す様な光景です。使用していく内にこの光沢が増して来て独特の雰囲気になるのが、ブライドルの経年変化です。

ブライドルグランドウォレット



上は2年ほど使用したブライドルグランドウォレットです。レザーの表面が光を反射しています。また、レザーが柔らかくなった雰囲気が出ていると思います。


メンテナンス方法の違い

コードバンとブライドル、各々の魅力はメンテナンスの仕方にも表れています。ブライドルの場合、しっとりしたレザーの様子が光を映すのでクリームを時々塗ると綺麗になります。

上の写真のブライドルグランドウォレットもしっとりした感じになっていますね。指に吸い付く手触りがとても良いです。

また水分に弱いので防水スプレーなども効果的です。


コードバンの場合は粒子の各々の独特の輝きを妨げない様にメンテナンスします。つまり汚れを拭き取るだけで、何も塗布しない方が良いでしょう。拭き取りも粒子の輝きをつぶさぬ様にやさしく扱うのがポイントです。

また、ファスナーが引っかかる様になったら、潤滑スプレーもあります。

ファスナーメイトがあると財布が使い易くなります。


 

コードバンのお手入れの仕方 詳細ページ

ブライドルのお手入れの仕方 詳細ページ

 

コードバンとブライドルのレザーの魅力は違った物なので、実際、どちらを選ぶか考えるのは難しいです。場合によっては両方購入して見比べて楽しんでも良いかもしれません。

 








 

TOP